クレジットカードを選ぶポイント

クレジットカードの起源と歴史

クレジットカードは今や一人最低でも一枚持っているという時代です。

ほとんどの人は、クレジットカードで何か品物を購入した事があるか、
何らかのサービスの支払いをクレジットしたことがあると思います。

現代ではなくてはならないほど普及したクレジットカードですが、
実は生まれたのはたったの60年前といいます。
貨幣に比べるとまったく新しいものだといえます。

そのクレジットカードがこれだけの期間で世界中に浸透するということは、
その利便性が他の支払い方法と比較しても優れているということなのでしょう。

クレジットカードの発祥というのは、1950年のアメリカといわれています。
クレジットカードの歴史的な発明のエピソードというのは、

その場所はレストランで、ちょっとしたやり取りがきっかけになったのです。

ある実業家が、レストランを訪れて食事をとりました。
食べ終わって支払いをするときになって、財布を忘れてきたことに気が付いたのです。

この男は実業家として信用もあったので、
今は払えないから、「つけ」にしてくれないか?
そのようなことを店に持ちかけたのです。

ようは今度来た時に払うとか、月末に払うとかいうような信用貸しのことです。
お店のほうも了解してくれたのです。
そのときに、クレジットカードの原案を思いついたというのです。

もっとも、この話は作り話であるという説も比較的よく聞きます。

ただ、新しい発想というのは、このようなひらめきから出るのです。

クレジットカードというのは、
まずカード会社が利用者と信用取引の契約をする。
利用者はカードで買い物をすると、カード会社が利用者に変わって立替払いする。
個人は現金を持ち歩かなくて良いので安全だし便利でも有る。

先ほどのレストランの話しが本当でなくても、
良く似たことがエピソードにあるはずだと思う。

クレジットカードの歴史は、60年という比較的まだ新しい部類に入ります。
では、日本ではどうなのでしょう。

日本にクレジットカードが輸入されたのは、
クレジットカードが生まれて10年後という、比較的早めのものでした。

以降、急速にこのクレジットカードというものは浸透していきます。

日本で最初にクレジットカードを導入したのは、丸井です。

丸いが1960年に発行すると、その1年後に日本クレジットビューローが設立されます。

そして2年後の1963年、日本ダイナースクラブが発足し、
カードの発行を行うようになります。

この辺りが日本におけるクレジットカードの創世期と言えるでしょう。

この頃のカードは、手帳、あるいは通帳といった形状のものだったそうです。

今の感覚だと比較的不便ではありますが、
当時としてはまだこういった感覚だったようですね。

1966年になると、日本信販がクレジットカードの発行を始めます
。
これをきっかけに多くのクレジットカード会社が生まれ、
カードの発行が頻繁に行われるようになっていきました。

1967?1972年の間に、ディーシーカード、住友クレジットサービス、
ミリオンカード、ユニオンカードなどが次々に生まれていきます。

そして、住友クレジットサービスがVISAと提携し、
国際カードを発行し、一気に国際カードが普及していきます。

以降、クレジットカードは爆発的に普及し、今に至ります。

アメリカなど海外のブランドと積極的に提携が行われ、
同時にアメリカのカード会社も日本市場に参入してきました。
				

このサイトのRSSを購読する

このサイトのRSSを購読する