航空系クレジットカード

航空系のクレジットカードはマイルの還元率が高い

クレジットカードに関連してよく聞くのが、
「マイル」という単語ではないでしょうか。

あるいはマイレージでも同じ事ですが、
これらの言葉を何故よく使用するかというと、
クレジットカードで貯まるポイントの中で最も人気が高いのが、
マイルだからです。

マイルというのは、通常航空系のクレジットカードなどで、
飛行機に乗った場合に発生するポイントの事です。
その飛行距離に応じたマイルがカードに溜まります。

では何故このマイルが人気なのかというと、
他のポイントと比較して非常に効率がいいからです。

クレジットカードのポイントで重要なのは、
ポイント還元率とポイントをもらう頻度ですが、
マイルの場合は還元率は0.5〜1.0%と平均よりやや高めで、
ポイント自体は比較的かなり貯まりやすいといわれています。

というのも、マイルは様々なポイントが換算できるようになっているからです。

互換性が高い為、結果的にマイルは非常に多くの人が利用するポイントとなりました。

そして、そのマイルをさらに効率よくためる事ができるのが、
航空系のクレジットカードです。

航空系クレジットカードにおいて、JALが一番有名でしょう。
JALは今のところマイレージについて不安定です

JALはJCB、DC、DINERS、といったところと提携しており、
それぞれのカードが存在しています。

同じJALでも複数のカードが存在するので、
条件を比較した上でどのカードがいいか考えると良いでしょう。

次に、ANAですね。
ANAも、JCB、三井住友(VISA、マスターカード)、DINERS、
ソニー(VISA)と提携しており、それぞれにカードを作っています。
このANAもJALと同等の知名度を誇っています。

この他にも、ユナイテッドアローズ、Northwest Airlinesなど、
様々な航空会社がクレジットカードを作っています。

航空機を頻繁に利用する人はクレジットカードを所持する確率が高いので、
必然的にこういった流れになるようです。