ブラックカード

雲の上の存在ブラックカード


クレジットカードの中でもっとも上のグレードは
「ブラックカード」と呼ばれるカードです。

その他のクレジットカードとどのような点で比較しても、
全く別世界のものと言える位に飛びぬけたカードが、
即ちブラックカードなのです。

持っている人が少ないといわれるプラチナカードですら、
普通のカードと思えるくらいに、このブラックカードは
希少価値の高いカードです。

限られた特別な人しか手にすることが無いブラックカードですから、
一般人の目に触れる事はまずありえないでしょう。
幻のカードといっても過言ではないでしょう。

ブラックカードというのは、ほとんど要人クラス、大富裕層、
あるいは最大クラスの有名人のみが所持していると言われています。

日本の超有名芸能人としては、
ダウンタウンの浜田雅功さんが持っていることで有名です。

この他にも、細木数子さんや高橋英樹さんなどが持っています。

このクラスの方でないと、なかなか手にすることはできません。

比較する対象のないクレジットカードであるブラックカードですが、
その年会費も飛びぬけて高いですね。

国内に存在する数少ないブラックカードである
「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」は、
年会費36万7,500円だそうです。

年会費だけでゴールドカード所持者の一月分の収入が消えます。
まさに格が違うといったところでしょう。

ただ、これはあくまでも最高クラスの年会費で、
「センチュリオンブラックカード」であれば16万8,000円、
「ダイナースブラックカード」だと10万円、
「JCBブラックカード」だと5万2,500円となります。
ブラックカードの中にも序列があるのかもしれません。