クラシックカード

クレジットカードはグレードが別れている

クレジットカードには、色々な種類の分け方があります。 ブランドで比較される場合、会社の系列で比較される場合、 あるいは会社単位で比較される場合と、 それぞれに条件や特色、使用可能なお店などが変わってきます。 そんなクレジットカードですが、 この他にももうひとつ種類分けされる項目があります。 それは、グレードです。 クレジットカードにはグレードというものが存在し、 このグレードによって主に4つの種類に分けられています。 その4種類は、クラシックカード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードです。 クレジットカードの中で最もグレードが低いのは、クラシックカードです。 クラシックカードをスタンダードカードということもあります。 クラシックというと、歴史の長い、という意味ですよね。 あるいはベーシック的な意味でも使われる事がありますが、 このクラシックカードも一般的なクレジットカードという種別になります。 クラシックカードの特徴は、最も利用者数が多い事と、 年会費などのコストが最も少ない事でしょう。 一般的なクレジットカードなので、当然ながら全ての条件が控えめです。 サービスも控えめですし、コストも控えめ。 当然、ステータスとしても一番控えめです。 というよりは、ステータスとしては機能しないカードと言えます。 クレジットカードは、しばしば社会人のステータスとしてみなされます。 グレードの高いカードを持っていると、 やはり一目置かれ、チヤホヤされるものです。 クラシックカードの場合は、そういった事は全くありません。 そういう意味では、男を磨くという意味でクレジットカードの グレードアップを狙うという人が多いのもうなずけます。