クーリングオフを知ろう

クーリングオフは購入前に確認する

クレジットカードで商品を購入することは、 現金の場合と比較するとトラブルが多いようです。

これは単純にクレジットカードのシステムそのものの問題だけでなく、 高額の商品を購入する際にカードを使うことが多いことや、 支払方法の選択肢が多い事なども原因になっています。

またクレジットカードは通販での利用が多いのも大きな理由です。 比較的に通販はトラブルが多いと言われています。

やはり、直接顔を合わせて購入する商品と違って、 顔が見えないという特性があるので、 どうしても悪徳商法が蔓延しやすいという性質があるようです。

請求金額が当初の予定と異なったり、 分割払いの商品が問題のある物だったりと、 様々なケースのトラブルがあります。

万が一クレジットカードでの支払いで問題が生じた場合には、 問題を解決する為には国民生活センターに相談するのが一番良いでしょう。

一人で抱えていても、解決にはなかなか至りません。

様々なケースを取り扱っているプロの方に相談し、 解決策を導き出していく事で、進展を図る事ができます。 やはり、一人で考えるのと比較した場合、かなり大きな差が生まれます。

トラブルの中には、クーリングオフに関する事項も多いようです。

クーリングオフというのは、 一定期間内であれば違約金を支払う事なく 消費者側が契約を打ち切る事ができるというもので、 主にマルチ商法などの悪徳商法から消費者を守る為の制度です。

ただし、何でもかんでも全てが対象になるわけではありません。 クーリングオフにならないように巧妙に販売しているケースもあります。 また手続の不備もよく見受けられる為、問題になりやすいようです。

ですからクレジットカードでの支払いの場合は、 特にクーリングオフができないようなトラブルが 多く発生しているようですから注意しましょう。

ともかく高額商品を購入する際には、 まず事前にクーリングオフが可能かどうか、確認する事をお勧めします。