クレジットカードの普及

クレジットカードの発行枚数は現在3億枚

クレジットカードの歴史は比較的短いのですが、
既にその普及率は圧倒的といえるところまで来ています。
日本、そして世界中で、爆発的な勢いでカードが発行されています。

日本人は元来比較的保守的な性格の国民といわれています。
その国民性があるのにも拘わらず、これほど早く普及したことは、
その他様々な外来品と比較しても滅多にない事例と言えます。

そんなクレジットカードの普及について考えてみると、
近年の10年間は凄い勢いで発行枚数が増えています。

それにつれて、クレジットカードのマイナスイメージが
マスコミのニュースで伝えられることが多くなってきました。
それはカードの普及が急増したことにより、
トラブルも増えていることの証明になっているのかもしれません。

今から13年前の1996年の国内クレジットカード発行枚数は2億3千万枚でした。
既にで日本の人口の倍近い数字になっているのには驚きます。

そして1996年の12年後となる2008年になると、
クレジットカード発行枚数は3億枚になったのです。
つまり12年間でなんと7千万枚が新たに発行されたのです。

普及ピーク時にこの数字ならまだわかりますが、
1996年というのは既に大きくカードの普及が進んでいた時期です。

この時期以降に1年平均500万枚以上が追加されるというのは、
いかにクレジットカードの持つ需要が大きいのか、
それが大変よくわかる結果であると思います。

クレジットカードの普及は、ある意味現代社会を象徴しているかと思います。
あらゆる面での簡素化、作業の簡易化が進む中、
クレジットカードというものはまさにその代表例といえますよね。
時代の流れに乗った事で、さらなる普及が見られたのでしょう。