ゴールドカード

ゴールドカードはワンランク上のカード

クレジットカードの中で、クラシックカードの上がゴールドカードです。

一般的な家庭や平社員のサラリーマンが持つことのできる クレジットカードとしては、かなりグレードの高いカードいえます。

とはいえ、下から2番目というランクなので、 グレード的に見ればそれほど高いというわけではありません。

その上二つとのランクの高いカードと比較した場合、 発行枚数にかなりの差があり、持っている人の数には相当差があります。 ランクがひとつ上がるごとに発行枚数が大幅に減ります。

ゴールドカードは、クラシックカードのひとつ上のカードです。 クラシックカードと比較した場合、年会費は高めで、 相場としてはクラシックカードは2,000円程度なのに対し、 ゴールドカードは1万円程度と言われています。

とはいえ、これはあくまでも相場で、 クラシックカードの年会費は無料な場合も多く、 ゴールドカードでも3,000円程度の場合もあります。

ゴールドカードは、クラシックカードと比較すると、 サービス面での充実がとてもよく現れています。

有料のラウンジを無料で使えたり、 ホテルの予約が優先扱いとなったりするので、 優越感の浸れる一時を味わえます。

このカードを所持できる条件としては、大体において30歳以上、 年収500万円以上というのが条件となります。

もっとも、20代でも所持している人はいるので、 あくまでも目安といったところですね。

ゴールドカードの主な例としては、 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 」、 「三井住友VISAゴールドカード」、 「JCBゴールドカード」、 「DCゴールドカード」などといったところが挙げられます。