日本ブランドJCBカード

JCBクレジットカード

クレジットカードにおける国際ブランドというと、 やはりVISAとMasterCardが2大勢力といえるのではないでしょうか。

どちらも海外を母体としたブランドですね。

では、日本国内から生まれた国際ブランドはないのかというと、 しっかり存在しています。

それが、JCBです。

2大ブランドと比較した場合、国内においてもその地位、 知名度はやや劣りますが、国内で誕生した 他のブランドと比較した場合は、圧倒的な実績を誇ります。

日本におけるクレジットカードのブランドと言えば、 このJCBをおいて他にはないというくらいです。

その歴史も、VISAやMasterCardと比較しても見劣りしません。

1961年に、旧日本信販、旧三和銀行が設立した
「(株)日本クレジットビューロー」、
「(株)大阪クレジットビューロー」
が前身となっているので、実質的な歴史ではもうすぐ50年を迎えるところです。

実際に現在のJCBとなったのは、 1968年に両社が合併してからで、名称が今のJCBとなったのは1978年です。

ですから、JCBとして認識されているのは80年代に入ってからですが、 実際にはかなり前から基盤はできていました。

独自の展開によって国際ブランドとなったのは、1981年以降ですね。

そして、ついには世界に5つのみである 「国際クレジットカードブランド」となったわけです。

国際クレジットカードブランドのほとんどは アメリカ初のブランドですが、 その中で唯一日本初のブランドとして、 JCBは立派に君臨しているのです。