クレジットカードの系列比較

クレジットカード発行枚数の系列別比較

クレジットカードは、現在実に3億枚が発行されています。 これだけの数が発行されているカードというのは、なかなかないでしょう。

そんなクレジットカードですが、結構種類分けすると何種類にもなります。 その系列同士を比較していくと、どの系列のローンや キャッシングが多いのかという事がわかると共に、 諸費者が何を求めているのかという事もわかります。

それでは、クレジットカードの系列別の発行枚数を比較してみましょう。

まず、一番多いのは銀行系です。

銀行系のクレジットカードは全体の35%程度を占めており、 1億枚を突破しています。

10年前と比較しても10%以上伸びており、非常に安定しています。

他の系列と比較しても、一歩抜きん出ていますね。

そういう意味では、やはり信用第一というのが日本の特色なのでしょう。

次に多いのは流通系で、全体の30%を占めています。

この流通系はインターネットの普及と共に非常に躍進が顕著となりました。

現在最も伸びているクレジットカードの系列です。 今の社会のシステムとあっているといえます。

次に多いのは、信販系です。 シェア自体は25%と上二つと比較してもそこまで 見劣りはしないものの、伸びはかなり制限されています。

この3つが全体の90%を占めており、 クレジットカードというと大体この三系列の中のどれか、 という事になります。

残りの10%は、メーカー系、小売系、石油系(ガソリン関連)などです。