プラチナカード

プラチナカードはステータスである

クレジットカードの中でも、 一番その格差が大きいのは、 グレードによる区分けでの2番目と3番目です。 つまり、プラチナカードとゴールドカードという事になります。 プラチナカードは、クレジットカードにおいて 2番目にグレードの高いカードという事になりますが、 3番目のゴールドカードと比較した場合、その差は歴然です。 まず、このプラチナカードというのは、 一般人はほとんど手に入れることすらできません。 それこそ代表取締役クラス、あるいは行政官、 幹部、支配人といった極めて高い役職の人でないと、 手にすることはできないクレジットカードなのです。 クラシックカードとゴールドカードは、 比較的それほど大きな差はありません 。 しかし、ゴールドカードとプラチナカードを比較すると、 かなり差があるというのが実情です。 プラチナカードは、ある意味人間としてのステータスを 最も現すカードと言えるかもしれません。 これを持っている人は、財力、社会人としての 権力が共に飛びぬけて優れていると言えます。 持っているだけで人を惹き付ける魔力を持ったカード。 それが、プラチナカードなのです。 プラチナカードは維持するだけでも大変で、 年会費の相場は5万円を越えてきます。 カードを持っているだけで、です。 10万円を越えるカードもあります。 その代わり、当然見返りも相当なものがあります。 保険は完備、旅行やゴルフなどのレジャーに対しても、 非常に手厚いサービスが用意されます。 ホテルに泊まる場合も、このカードを見せると従業員の顔色が変わる、 というくらいのアイテムです。