リボルビング払い

定額リボルビング払いと定率リボルビング払い

クレジットカードの支払方法の中でも、
特にクレジットカード独特といえるのがリボルビング払いです。

リボルビングというのは、普段の生活の中では使うことがない
聞き慣れない用語だと思います。

この支払い情報は、カードの利用代金や件数とは関係なく、
あらかじめ設定していた一定金額を毎月支払っていくという方法です。

残高があるうちは毎月手数料が徴収されます。

このリボルビング方式は2種類あります。
毎月決まった金額を支払う定額リボルビング方式。
毎月残高に対して決まった割合を支払う定率リボルビング方式。

定額リボルビングについては、1万円コースや2万円コースなど
カード会社によって金額が定められています。
また利用残額によって定められている場合もあるようです。

そして、リボルビングと良く似た支払い方法にフレックス払いがあります。
これは毎月定められた最低金額を支払えば、
あとは余裕のあるときに多く支払えばよいという契約です。

たとえば、最低額が2万円とすると、
お金の無いときは2万円だけ支払えばよいのです。
余裕のあるときは、3万円とか5万円とか
自由に支払い金額を変えることが出来るのです。

このため、この支払方法は「あるとき払い」とか
「自由支払い」とも呼ばれています。

しかし、この支払い方法を選択するのは危険なのです。
何故この支払い方法が危険なのか説明します。
人間というのは楽なほうを選ぶという人が多いのです。

つまり、最小返済義務額以上に支払うことが難しいのです。
結果的に完全に返済するまで長期間になるために、
その分の手数料がかなりの額になってしまうのです。

完全返済どころか、片方で支払いしても、一方では新しく買い物する。
そうしている内に残高が減るよりも増えることにもなりかねません。