クレジットカードの定義

クレジットカードの定義と市場規模

クレジットカードというのは、比較的多くの人が利用している割に、その定義や実態というのはあまり考えられる事が多くないものですよね。 このクレジットカードというのは、何も意識せずに使っていると、まるでお金を生み出す魔法のカードのような感覚になってしまう事があります。 口座にお金を入れてさえいれば、何も消費せずにどんどん買い物ができるような感覚が生まれます。 あるいは、いざとなったらキャッシング枠も利用して実際にお金を生み出す事もできます。 普通に現金で買い物をする場合と比較すると、かなり感覚が異なるのではないでしょうか。 そんなクレジットカードであるからこそ、その定義についてはしっかりと把握しておくべきかと思います。 比較的、あまり考えられる事の少ない事ではありますが、非常に重要です。 クレジットカードでの買い物というのは、実はお金を借りています。 借金しているといっても差し支えありません。 手数料やその他のコストという形で利子も支払われていると考えて良いでしょう。 信用を担保にして、お金を借りるというシステムは今の社会の常識ですが、それが最も現れているのがクレジットカードなんです。 クレジットカードの定義は、この信用を担保にして買い物の支払いを一時立て替える、というところにあります。 また、ローンを組む場合もクレジットカードを利用しますね。 このローンもクレジットカードの定義のひとつと言えます。 クレジットというのは、信用貸し付けであるという事をまず覚えておかないといけません。 信用を無くせば利用ができなくなるという事なのです。 クレジットカードの市場規模は、最早世界経済において主流といってもいい所まで来ています。 その進化の過程も凄まじく、数十年前と比較した場合は比べ物になりませんし、数年前と比較しても相当違いがあります。 それだけクレジットカードという形態が現代社会への共鳴を強めているという事になります。 そんなクレジットカードですが、現在の国内発行枚数は3億枚です。 国民一人当たり2?3枚という事になります。 凄まじい数です。 そして、クレジット産業における市場規模は、信用販売が40兆円、ローンが34兆円で、合計74兆円という事になります。 では、その中でどのような支払方法が一番多いのでしょうか。 比較してみましょう。 まず、一回払いです。 これが23兆円と、かなりの割合を占めます。 買い物による販売信用はほとんど一回払いなので、妥当と言えば妥当ですね。 それに対し、割賦払いは2兆円となっています。 また、クレジットカードによるキャッシングは8兆円となっているそうです。 結構クレジットカードを利用したキャッシングは頻繁に行われている事がわかります。 ちょっと借りて月末に返すという借り方が多いようですね。 クレジットカードの市場は、インターネットが普及してさらに拡大しました。 ネットショッピング、通販といったものとクレジットカードの相性はすこぶる良いようで、ネット上でのクレジットカードの利用がかなり増えています。 今後もさらに拡大していくでしょう。