クレジットカード仕組み

クレジットカードの仕組みとは

クレジットカードを利用する際、実際はどのようにお金が動いているかというのは、あまり考えませんよね。 比較的自由に利用できるという利便性が取り立たされる一方、クレジットカードの仕組みというのは結構理解されていなかったりします。 クレジットカードを利用するという事は、お金がなくても買い物ができるということ……という認識がかなり強まってきているので、お金が動いている事すら感覚としてなくなっている人もいるようです。 ですが、実際にはそういったことはありません。 では、どのようにお金は動いているのでしょう。 クレジットカードで買い物をすると、まず消費者に商品が渡ります。 この時点で、お店の方にはお金は回っていません。 それからしばらくして、カード会社はお店に消費者が買い物した金額を立て替えます。 ここでポイントがひとつ発生するのですが、カード会社はこの立て替えの際に何%かを手数料として差し引きます。 逆に言えば、お店側がカード会社に手数料を支払う形になるのです。 これは、加盟店の義務です。 カード会社にとっては、この手数料が利益となります。 そして、この後に消費者がカード会社に支払いをおこないます。 この支払いは、自動引き落としが一般的なので、指定口座にお金を入れていることが支払うという事になります。 これが通販の場合は比較的消費者にシビアで、お金の引き落としがなされるまでは商品の発送はありません。 これはネット上でのやりとりが通常の買い物と比較して、匿名性が高いという点が要因として挙げられます。