多重責務

カードの使いすぎによる多重責務

クレジットカードのトラブルで最も多いのは、多重責務でしょう。 複数の会社のクレジットカードで支払いが滞った場合に、この多重責務が発生します。 簡単に言えば、複数の会社に借金している状態ですね。 これは、通常のようにひとつの会社に借金している状態と比較して、相当深刻と言えます。 クレジットカードによる多重責務の場合、通常のキャッシングによる多重責務と比較し、危機感が低いように思えます。 クレジットカードでの買い物、あるいはキャッシングというのは、現金のやり取りがない分、比較的借金しているという意識があまりないというのが要因として挙げられます。 これは、かなり深刻な状態です。 自分自身に借金をしているという感覚がないので、返す事に対してあまり積極的になれないのです。 そうなると、不誠実な返却に終止してしまう恐れもあります。 クレジットカードでの多重責務というのは、非常に厄介です。 自分ひとりで解決しようとすれば、人生そのものが崩壊する恐れすらあります。 ブラックリストに載って、カードが使用できなくなる、くらいに考えていては危険です。 また、安易に自己破産すればいい、という考えも、やはり危険です。 国民生活センターや日本クレジットカウンセリング協会、あるいは弁護士や司法書士の方たちに速やかに相談する事をお勧めします。 重要なのは、危機感を持つことです。 自分が今、複数の会社に借金している、という事を自覚し、それがいかに危険な状態かを一刻も早く理解する事が大事になってきます。