カードの紛失・盗難

クレジットカードを紛失したときは

クレジットカードというのは、比較的紛失する可能性は少ないアイテムです。 あまり財布の中から出す機会もないですし、紛失する機会そのものが少ないので、当然と言えば当然でしょうか。 ただ、クレジットカードだけをなくすという事は比較的少ないにしても、財布ごと失くすケースはかなり多いです。 大抵のクレジットカード紛失のケースは、財布を落とした、置き忘れたというパターンです。 そして、失くした場合のリスクがあまりにも大きいという点は、どうしてもあります。 この他にも、盗難というケースもあります。 これも財布ごとというのがほとんどですね。 特に、ジーンズなどの後ろのポケットに財布を入れている人は、盗まれるケースが多いでしょう。 クレジットカードを紛失、若しくは盗難によって失くした場合は、即座にクレジットカード会社に連絡を入れる必要があります。 連絡先はカードに記入していますから、必ず控えるようにしておきましょう。 もし忘れたという場合は、比較的早く情報を得られるインターネットなどで調べると良いでしょう。 失くした旨を伝えれば、利用停止にしてくれるので、口座の中のお金が盗まれる事はないでしょう。 もし、仮に第三者に不正使用されたとしても、保険が付帯している場合は、その額が補償されます。 ただし、これはカード会社と警察に届出をした場合です。 カード会社に連絡を入れたら、次は警察に届出を出しましょう。 ただ、カード紛失ではなく暗証番号等の情報を漏らしてしまった場合はどうでしょう。 この場合、被害にあっても保険はききません。 自己管理能力の欠落という事で、自己責任という事になります。 情報の管理には細心の注意を払うようにしましょう。

このサイトのRSSを購読する

このサイトのRSSを購読する