クレジット利用上の注意点

クレジットカードで注意すべきこと

クレジットカードというのは、よく怖いものという見方をされますよね。 現金での支払いと比較される場合、よくそういった見解を示されます。 実際、カード破産など、クレジットカードによって身を滅ぼした例は多数あります。 特に90年代、バブルがはじけて以降はとてもよく聞く言葉です。 90年代と比較し、00年代は多少そういった言葉は聞かなくなったものの、カード破産の件数自体は決して沈静化しているわけではありません。 クレジットカードは、やはり現金払いと比較した場合、注意深く使用すべきです。 では、そんなクレジットカードを利用するにあたって、どういった点を注意すべきなのでしょう。 まず、一番してはいけないことは、他人にカードを貸すということです。 クレジットカードを貸す人などいないだろう、と思われるかもしれませんが、実際年配者の方の中には気軽にカードを貸してしまう方もいます。 無論、これは最悪の行為です。 最近では名義とカード番号さえあれば、通販で何処でも買い物ができる時代です。 勝手に使われてしまうなんて事は十二分にありえるのです。 通常、クレジットカードは名義人本人以外は家族であっても使用する事ができません。 それは協定として確実に契約内容に盛り込まれています。 これに違反すれば、カードの利用停止という処分を下されるでしょう。 無論、下されるのはカードを借りた人ではなく、貸した人です。 貸した人に責任があるようになっています。 クレジットカードを他人に貸すのは、リスク管理という点でも、契約違反という点でも、重大な失策と言えます。